大きな病気をしても保険に入っていれば安心

病気をしてしまっても、国民健康保険に加入をしてさえいれば安心です。
保険治療が可能な通常の病気ならば、原則として三割負担で済ませられるからです。
七割は国が負担してくれるので、大きな病気をしたとしても、それほどの経済的負担は発生しません。
入院をしたとしても、保険適用の治療なら、心配はないのです。
ただ、数百万もかかる大手術をすると、三割負担でも百万円以上の治療費になる可能性が高いです。
ただ、その場合にも心配はいりません。
日本には、高額療養費制度というものも存在しているからです。
この制度を利用するためには申請をしなければいけませんが、申請して認められたなら、月々の医療費負担が数万円レベルに落ち着きます。
年収によっていくらになるかは変わりますが、お金があまりないという人なら、四万円から五万円ほどで済ませられます。
ですから、馬鹿正直に三割も医療費を支払う必要がないのです。
こうした制度があるので、民間の医療保険には無理をして加入をしなくてもいいという人もいます。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.